Chronicle of sky

アラフォーワーママ黒猫が小学校受験とか幼児教育とか呟くブログ

5歳娘の扁桃腺手術③(その後の様子&おまけ)

5歳娘の扁桃腺手術について、その後の様子とおまけの話です。

 

手術から約1か月

手術から約1か月経ちました。以下、娘の変化です。

  • 就寝時、いびきもなく静かになった
  • クマくっきりの疲れた顔の日がなくなった
  • 以前より日中元気になった。
  • 週末にお昼寝しなくても元気になった。
  • ハキハキとあいさつできるようになった
  • 集中力があがったような?お教室の正答率アップ。

とにかく、なんというか全体的に「パワーに満ち溢れている」感じがします。ハキハキとあいさつできるようになった、というのは入院中に厳しく言ったのもあると思うんですが、この「パワーに満ち溢れている」と関係している気がします。

 

お教室の正答率アップも、入院中に1~3月の復習をみっちりやったのもあると思うんですが、それにしても1回2時間という中で疲れを見せない答案になっていて、日中元気になったのと関係しているのかな、と思います。

 

そう、とにかくパワーに満ち溢れてる!もうどんよりクマを作っていた頃が信じられないくらいです。本当に手術をしてよかった。

 

逆によく言われる、「声が高くなった」「食欲が増した」「急激に成長した」はあまり見られない感じです。声は手術後少しだけ高い感じがしましたが、あれは痛かったからゆえのしゃべり方だったのかも。

 

おまけ①~親の食事

入院中、親の食事は出ません。なので、院内のレストランか、コンビニに買いに行くしかないのですが、コロナなので、あんまり出歩くのはやめてほしいとのことで、基本コンビニで調達していました。ナースステーションにレンジとお湯があるので、それも活用しながら。今回は院内にナチュラルローソンがあったので、そこで購入することが多かったです。入院中も糖質オフ生活だったんですが、食生活はこんな感じ。

  • パスタと佐藤のご飯とレトルトカレーやみそ汁、グルラボ持参
  • グルラボにラップを貼ってご飯とカレーを入れてチンしたり。
  • グルラボにチルド総菜を開けてあたためたり。
  • 朝はローソンの低糖質パン
  • 昼夜はお弁当だったり、グルラボでチルド総菜チンしたり。
  • カット野菜サラダを毎食。
  • 途中で便秘気味になったので納豆とヨーグルト食べたり
  • 娘が半分くらい残すので、娘も食べられそうなものを買って交換したり
  • おやつが豪華で、でも娘が食べないのでおいしくいただいた。
  • コンビニ総菜でコスパがいいのはセブンイレブン。総菜も充実。

コンビニに行くなら、コスパもラインナップもセブンイレブンが一番ですね。ナチュラルローソンはやはり高かった。しかしローソンは低糖質パンが嬉しい。佐藤のご飯やパスタを持ち込んでいたので、ただ単にコンビニ弁当だけで過ごすよりは、意外に飽きなかったです。コンビニの高級ハンバーグとか、初めて食べたけどおいしかったです。

 

親の食事は入院中の大変な要素の一つでしたが、昔息子が入院した時よりは、コンビニ総菜のバリエーションが増えて、飽きずに過ごせるレベルにはなったと思います。グルラボというかレンチンできるタッパは大活躍でした。

 

おまけ②~個室代含めた入院費用

気になるお値段ですが・・・今回個室代含めて9日間の入院日で約26万円でした。ほぼ個室代ですね。親のベッド代、食事代は含まれていません。共済から支給されたのが約10万、だいたい16万くらいかかったことになります。帰省1回分ですね。まあ、仕方ない。共済、娘のはアップグレードしておこう。。。

 

ということで、娘の扁桃腺手術のお話はここまでにしたいと思います。元気になってよかった!