Chronicle of sky

アラフォーワーママ黒猫が小学校受験とか幼児教育とか呟くブログ

中学偏差値の低さをどう考えるか。

いろいろと議論のあるネタですが、GWのなのでひっそり更新。

 

娘の志望校をほぼ確定しました。本命、チャレンジ、併願数校。この併願の学校を考えるにあたって、夫とだいぶ意見が分かれました。併願とは言え、「進学してもOK」な学校を選びたかったので、いろいろと悩みました。

 

さて、その中で最も意見が分かれたのが、付属中学の偏差値の低さです。我が家は高校まで12年間お世話になる前提で学校選びをしていますので、やはり中高の成績というのは気にならないと言えばうそになります。私はどちらかというと高校の進学実績を重視しており、夫もその点は同じなのですが、夫は同じくらい中学の偏差値が気になるよう。

 

結果的に、中学偏差値が低く、「高校の進学実績はすごい子が数人いるけどあとは推薦」という学校を併願の一つに選んだんですが、そこに至るまでに夫を説得した内容を書き記しておきます。誰かのためになれば。

 

そもそも中学偏差値は誰の数字か。

そもそもです。中学偏差値と言うのは誰の数字なのでしょう?サピックスやら四谷大塚やらが出している数字ですが、当然それは「中学受験をする子たち」の数字になります。つまり、小学校から内部進学する子たちには全く関係のない数字であり、その点で言えば内部進学する子たちの出来は未知数と言えます。

 

中学の偏差値が低いのが気になる・・・実際に気にしていることは?

中学偏差値が低いのを気にする方、エデュでもたくさんいらっしゃいますが、具体的に気にしていることはなんでしょうか。たぶん、気になるのは以下のようなことではないかと思います。

  1. あまり勉強の得意でない子に囲まれて勉強をしなくなったら?
  2. 勉強しないどころか、素行が悪くなってしまったら?
  3. 勉強のできる子に囲まれて切磋琢磨したほうが伸びるはず

他にもあるかもしれませんが、私が聞きだした夫が懸念していたのは以上のようなことでした。やはり大学はいい大学に行ってほしい、親なら皆望むことですが、それを考えた時に、中学偏差値が低いことが気になる、具体的に気になっているのは上記のことだ、というのがわかりました。

 

内部進学者のほうが多ければ、受ける影響は少ないはず。

上記の懸念1,2についてです。さきほど書いた通り、中学偏差値は内部進学者には関係のない数字ですので、中高に内部進学者が多い学校の場合、小学校でしっかりお勉強させる学校であれば、その雰囲気が継続していくと考えています。今回併願を決めた学校はまさにそうで、小学校のカリキュラムが私から見てすばらしく、このカリキュラムをしっかりさせれば、着実に学力がつくと感じています。そのような小学校で育った内部進学者が多い中学であれば、中学からの子たちに流されることはあまりないのではないかと思っています。

 

また、最近の傾向として特に女子校は、小6から準備を始めたような子が無理せず偏差値のあまり高くない学校に進学するケースも多いと聞きます。そういう子でしたらやはり能力は未知数ですので、一概に「勉強が得意でない」とも言い切れないと思っています。

 

勉強できる子に囲まれたほうが切磋琢磨できるのか。

仮に、どの学校も1学年200人いるとします。

 

いわゆる御三家と言われる学校で200人中180~190番くらいの成績で過ごす6年間と、中学偏差値は低いけど200人中10番くらいの成績で過ごす6年間と、どちらが楽しい学校生活になるでしょうか。

 

夫「せめて半分にはいたいよね・・・。」

 

1番がいる限りビリも存在します。そりゃ御三家の下位の子のほうが、中学偏差値低い学校の上位より全国偏差値的には高いと思いますが、いやあ、私は正直180/200とかの数字を見て6年間過ごすのはつらい。私も夫も、レベルの高くない学校ですが割と上位に位置した学校生活だったので、結構学校楽しかったんですよね。親もガミガミ言わないし、学校の先生も一目置いてくれるし、自分の気持ちにも余裕があるし。

 

これは私の持論ですが、女子は上位3割、できれば上位1割くらいの成績でいられる学校のほうが楽しく過ごせるのではないかと。まあ流されるという場合もあるので校風も大事だと思いますが。男子の場合は肩書がモチベーションになることもあるので、補欠でも有名校受かったらGO!と言うのもありかな。

 

まあ、とはいえ、中学偏差値低い学校で下のほうの成績になる可能性もありますけどね。そうなったらお勉強向いてないんだと思って諦めるしかない、他にできることを探してあげたいですね。

 

夫はこの例え話がいちばん重かったようです。。

12年後の高校の進学実績などわからない。

12年あったらだいぶ変わります。伝統あるお嬢様学校から理3が出る時代です。12年後の進学実績なんてわかりません。ただ、学校のカリキュラムとか、勉強への力の入れ方とか、サポートとか、そういうのを総合的に判断して、「この学校できっちりやれば、大学受験にも対応できる」というのを感じた学校を併願校にしました。勉強以外の内容もとても魅力的でした。正直なところ、本命校と悩むぐらい。でもやっぱり本命校のほうがいいな、って思うんですけどね。

 

 ちなみに、上記は完全に私の考え方ですので、議論する気はありません。中学受験する方は中学偏差値についていろいろとこだわりがあるでしょうが、うちは小学校受験なので、おそらく考え方が違います。それぞれのご家庭の方針でやればいいと思うんですけど、とにかくエデュみたいな不毛な議論する気はないです(苦笑)。

 

まあ、結局あれこれ考えても先のことはわからないので、全部推測でしかないんですけどね。とにかく娘が楽しく過ごせる場所を探していきたいと思っています。