Chronicle of sky

ミドフォーママ黒猫が主に2018年1月生まれの息子の教育に右往左往するブログ。たまに私立小の娘の話も。

息子の発達検査。

1月に息子の発達検査をしました。その結果を2月中旬ごろに聞いたのですが、今日はその話でも。詳細な結果をもらったわけではなくて、小児科の先生のお話からだったんですが、結果としては

 

精神年齢はほぼ月齢通り。知的な遅れはなし。

 

でした。まあ、何となくわかってたんですよ。言葉が拙いし、早生まれだから学年の中では目立ってできないように見えるけど、今年前半にコペルに通っていたときから、言葉以外はほぼ月齢通りだったんですよね。巧緻性がちょっと遅れ気味(3か月くらい)、運動がほんの少し月齢に届かないくらいで。むしろ娘の受験が終わった11月頃から、息子に力を入れ始めたので、そのおかげでだいぶ伸びたのではないかという気もしていて。

 

で、発達的には問題ないと出て、私が微妙な顔をしていたので、「むしろ何に困っていますか?」と聞かれたので、言葉に困っている、という説明をしました。そうしたら、もう一度発達検査をしてもらえることに。でまあ、今月末に再度発達検査、多分言葉のかな?する予定なんですが。

 

でも、先日ふと、娘が息子と同じくらいの月齢の時の動画を見たんですよ。そしたら「あれ?それなりに拙くね?」という感想・・・。もしかして、言葉は問題なくて、単に滑舌の問題・・・?

 

つまり

  • 早生まれゆえ、周りの子と比べると確かに言葉が幼い
  • 滑舌が悪すぎて通じない

この2点が発達が遅れているように見える原因では?と。発達検査の結果を幼稚園の先生にも伝えましたが「そうなのか・・・」というような表情されてました。ベテラン先生が😅

 

滑舌に関しては、舌小帯に問題がないことは確認済み。口周りの筋肉の発達にも影響されるので、もう少し待って治らないなら滑舌教室、と考えています。今4歳過ぎなので、うーん、5歳近くまで待ちたい感じ。長いわ・・・。

 

そもそも発達検査を受けたのは、療育に繋げてほしかったからなんだけど、正直どういう療育が息子に必要なのか、本当に療育が必要なのかよくわからなくなっていて。多分本当に滑舌悪いのが大きな問題で、あとは月齢より多少どんくさくて多少不器用なんだと思う。

 

あと、「ちゃんと言われた通りにやる」というのがまだできない。座ってられないとか、先生に言われたのとは違うことをやりたがる、とか大きく周りから逸脱することはないんですよ。ただ、例えばピアノも先生が言うとおりに弾くより好きに弾きたいし、ハサミも線に沿って丁寧に切るよりガンガン切っていきたいし、みたいな。もー、これはたぶん完全に成長待ち😓

 

まあ、多分、昔で言うところの「いつも一番前の先生の前に座らされてる学年の中で幼い早生まれの子。」って感じなんだろうな。そんなに心配するほどではないのかもしれないけども。

 

でも、結局学年の中では何かと遅れ気味になるので、ついて行かせるのが大変なんだよな。お弁当包みとかゼリーを開けるとかひらがな読みとか・・・。まあ無理なものは無理なので、ぼちぼちやっていきます。覚醒を待つしかない😆