Chronicle of sky

アラフォーワーママ黒猫が小学校受験とか幼児教育とか呟くブログ

夏休みの思い出

一昨日から2学期が始まりました。うちの幼稚園は1日置きの分散登園で、今日は二人とも登園日なのでクラスで過ごしています。登園日じゃない日も預かり保育行くので、結局毎日幼稚園には行くことになるんですけどね。去年の分散登園の日は、預かり保育の人数によっては、娘の登園日でなくてもクラスのほうに入れられていたらしく。そのあたり柔軟に密にならないように対処されているようです。

 

さてさて、夏休みも終わったので、夏休みの思い出でも。まあ、ぼちぼちお出かけしたりもしたんですけど、あんまり書くのもあれなんで、書ける範囲で。

 

やっぱり夏はプール!

今年、自宅用のプールを新調しました。今までは膨らませるやつを使っていたんですが、膨らませるの大変!ということで、こちらのプールを購入しました。

 

 

これがね、結構大きくて身長120㎝の娘がすっぽり入ります。


f:id:cororon777:20210903130558j:image

 

お値段もお手頃で、膨らませる必要もなく。水は結構たくさん入れなきゃいけないので、排水とかまあちょっと大変ですけど、まあ大きくなってきたので、水もある程度ないと楽しくないし。ご近所さんも同じのを持っていて、やっぱり考えることは同じ(笑)。

 

あともう一つ、パパが勢いで、こちらも買ってくれました。

 

噴水マットというやつです。プールだと屋上でしないといけなくて、めっちゃ暑くて在宅勤務どころじゃないんですけど、これだとベランダに出せたので、私は家の中から見てるだけで良かったので、何回かさせました。端っこが膨らんでますが、空気ではなく水を入れると膨らんで、噴水になります。


f:id:cororon777:20210903131525j:image

これ、真ん中の部分に2,3センチほど水が溜まってプールみたいになるので、ハイハイ期くらいのお子さんにちょうどいいかも!噴水にも興味持ちそうだし!娘がハイハイの頃にも小さなプールを買いましたが、たぶんこちらのほうが興味を持つだろうなあという気がします。まあ、しばらく水だしっぱになるので、お水がもったいないですけども・・・。

 

いきなり涼しくなってしまったので、もうプールを出すこともないかなあ。。

 

娘、ストリートピアノデビュー

この夏、7月中に私も夫も、実家の両親もワクチン接種が終わったので、賛否両論あるでしょうが1年ぶりに帰省してきました。両親超高齢なので、会えるうちに会っとかないとうちはやばいので。

 

で、私の地元で、何と娘、ストリートピアノデビューです。

 

地元で一番大きな駅から、大きな商業施設に抜ける地下街があるのですが、通路脇にギャラリーのようなスペースがあり、グランドピアノが1台置いてありました。流行りのストリートピアノで、誰でも弾いてOKとのこと。

 

正直、かなり人通りが多い地下通路で、地下なので音もすごく響くので、それなりにガチ趣味でピアノをやっていた私でも「こんな注目集めるとこで弾きたくない・・・」と思ってしまうんですが、結構みんな弾いてるんですよ。どちらかというと「ちょっと間違えてもご愛嬌」くらいのまだまだ練習中、って感じの方が弾いている感じでした。

 

で、娘も弾きたい!と言い出し、私は「こんなとこで!?」と恥ずかしがり屋の娘が言い出したことにびっくり。通るたびに誰か弾いててなかなか空いてなかったんですが、最終日にじっと見てる娘に気づいたお姉さんが譲ってくれて、ストリートピアノデビューと相成りました。そのころ練習していた「やまのおんがくか」と「ミッキーマウスマーチ」を何とか弾ききった!まだ発表会にも出たことないのに・・・来年の発表会が楽しみです。

 

後はちょっとした思い出たち。

  • 息子が眼鏡デビューし「お顔の幅がしっかりしてます(=顔でかい)」と言われる。
  • 息子と某駅のホームで電車見ていた時、少し離れたベンチに荷物を置いてたら速攻で忘れもとして回収されてしまった。オリンピック期間中だったからみたい。
  • 娘がオリンピック、パラリンピックにハマり、なぜかマッチョになりたいと言い出す。
  • 東京駅そばの有名な電車スポットのスタバに息子を連れて行ったら、電車見えすぎて30分で飽きられた。
  • 娘、お教室の体操講習の2日前に足を捻るという間の悪さを発揮。
  • とにかくお教室、お教室、お教室!

 

まあ、夏休みの思い出はとにかく最後の「お教室!」につきます・・・。よう頑張った。夏休みの最後はがっつり遊んだし、あと2か月完走するよー!

 

夏期講習、終了。

先週の土曜日で、娘の夏期講習が終了しました。

 

なんだか長かったというかなんというか。ようやく終わってちょっと気が抜けたのか、私も娘もちょっとお疲れ気味で、娘なんて昨日は3時間半もお昼寝してました。おかげでパラリンピックの開会式で日本が入場するところまで見られてすごく満足していたみたいです。オリンピックの時は遅くて見られなかったんですよね。

 

夏期講習は3部構成で、最後の夏期講習はひたすらみんなの苦手な数的処理、図形、つり合い等々をやるという、まさに特訓。娘は数数える系が苦手ではないんですが遅くて、しかも疲れるのかあまり好きではないようで、私も一度にたくさん数数える系はさせないようにしてたのだけど、夏期講習でひたすら数数えるばっかりの日があって、なかなか先生スパルタだなと(苦笑)。

 

その甲斐あってか、最終日の日は娘も含めて、みんなの出来が一段階、お子さんによっては二段階くらいアップ!先生もみんなを褒めてくださっていました。

 

最終日は模試→講習、というハードスケジュールだったんですけど、模試の出来も本人的には良かったのか、戻ってきたときにはご機嫌でした。その後の講習の出来もよかったし、前日強引に早めに寝かせたのがよかったか・・・。(結局寝付いたのはいつもよりちょっと早いくらいだったけれども。)

 

でもさ、午前中模試→お教室の近くの公園でパン食べてお昼ご飯→お教室、って6歳児にはなかなかハードスケジュールだよなあ、と改めて思ってしまった。本人はあまり大変に思ってないみたいだけども。模試でもお教室の子と会ったりしたので、「みんなそんなもの」と思っているのかな。

 

親も子も、なんというか「お受験」というイベントにこんなに盛り上がってしまったら、終わったら気が抜けてしまいそうで不安。私と夫なんて、既に「10月末にはあとは本番残すのみ、になってるのかあ」「あと1回お月謝と講習代払ったら終わるのかあ」なんてもう寂しい気分になってますからね(苦笑)。

 

まあね、その後は「息子のお受験」という、娘の時よりも高い高い山を登らねばならんのでね!息子の場合は山は娘よりずーっと低いんですけど、スタートラインもずーっと低いから、高い高い山を登らねばならないというね!

 

さて、我が家はプライベートなど入れてないので、次のお教室まで2週間ほど空きます。今日から幼稚園の預かり保育も再開しました。もしかしたら運動会は延期?で受験後になるかもだけど、しっかり体調管理しながら、あと少しがんばっていきたいです。

 

旅行中のお勉強。

先週後半は帰省していました。私の実家は西日本。雨がすごいことになっており、過去にはうちの県も豪雨被害に見舞われたことがありますが、基本的に雨の少ない土地なので、被害などとは皆無でした。だけどずーっと雨。最後の日だけ少し晴れましたが。雨でなければ実家の庭でいろいろと遊べたし、セミも取れたんだけれども。

 

セミ、うちの柿の木の低い場所にいて、素手で取れそうだったんだけど、隣にナメクジがいたのでさすがに躊躇・・・。セミとかバッタくらいはつかめるけど、アマガエルとかたつむり以外の軟体系はさすがに勘弁・・・。

 

さて、旅行中、お勉強はどうしますか?という話。

 

お教室の先生からは「コロナ禍なのでそんなに遠出することはないと思いますが、出来るだけ毎日、少しでもいいから毎日させるように」というお言葉が夏休み前にありました。

 

お教室の先生もね「夏が勝負ですよ!」と口を酸っぱくして言ってましたが、お教室に来ているのは私立小学校を志望するようなおうち。コロナでなかったころには長期旅行とか行っちゃうご家庭もまああったようで、それを危惧されている感じでした。

 

ということで、帰省中もペーパーさせていました。

 

最近わかってきたのですが、幼児さんはやっぱり「体で覚える」が基本なんだなという感じがします。一度理解してできるようになった問題でも、しばらくやらなかったらすぐ忘れちゃう。逆になかなか理解できない問題でも、毎日やらせてればできるようになる。このあたりが小受と他の世代の受験の大きな違いかもしれません。お教室の先生も「小受の場合は、やったらやっただけ伸びますから」と言われていました。

 

帰省中は最終日だけ、移動の時間の都合でできなかったんですが、基本的にはあさイチでその日のペーパーやって、後は遊ぶ!という感じ。今回新幹線で帰省したんですが、新幹線の中暇だからってやらせたけど、あれはいかんね、新幹線揺れるので結構酔う・・・。やってる娘は大丈夫そうでしたが、解答を見る私が酔った・・・。

 

一度やった大量の問題集の二回し目をさせてたのもあり、だいぶスピードアップでできるようになってきていたので、あまり時間かからずにできたので、さくっと朝終わらせて、その後に遊びに行く、という感じでした。

 

旅行の間くらいしっかり遊ばせたら、とも思うんだけど、幼児さんはあまり休まないほうがいい気がします。休むにしても、「特別な何かがあって時間がない日」だけにするとか。まあ、受験直前の今の話ですからね。これが年中ならお勉強なんてさせませんが。

 

逆に言うと、幼児さんなので四六時中勉強するわけじゃないです。せいぜい1日1時間~1時間半くらい?なので、その他大部分の時間は遊んだりするわけで、当然遊びのスケジュールも組み込まれるので、そう考えるとやっぱりお勉強もお休みしないほうがいいんだろうな、と思います。

 

まあねえ、ペーパー以外に絵とか巧緻性とかやることはいっぱいあるんですけどね・・・。

 

ということで、今日から再びお教室です。連投がんばれー!

お教室ひと休み。

お盆Weekになりました。先週、その前から続いた怒涛のお教室通いがひと段落。特に先週末は体操講座も含めて朝から晩まで1日中、という講習で、さすがに本人も疲れた模様。

 

昨日から息子もお盆期間中のため幼稚園がお休みになり、在宅勤務をする横で二人を遊ばせながらカオスな状況です(苦笑)。一応娘には、最低限のペーパーはやらせてるけど、まあ好きに息子と遊んだり、工作したり、絵を描いたりさせています。紐通しやったな。

 

結構「次はこれ、これが終わったらそれ、何時から〇〇」みたいにやることがずっと決まっているのがストレスなタイプなので、気が向くままあれやったりこれやったり、というこの2日間が結構ストレス解消になっているみたいです。

 

明日からは私の実家に行くので、あまりあれこれできませんが。でもペーパーは持って行くけどね!

 

夏休みの講習が2/3終わってしまったのだけど「夏が勝負です」と先生に言われていたのだけど、これで大丈夫なのか?という気がしてならない・・・。次の模試も大丈夫なのかなあ。残りの講習は問題がぐっと難しくなる、と既に先生が宣言されているので、何とか食らいついていきたいところ。

 

そうこうしていたら、出願も始まっちゃいますし。

 

いよいよ迫ってきます。というか、親のほうの準備が整わない!そろそろ面接の準備、しないと!

今週も、週末も、お教室。

4連休は夏期講習でしたが、先週末も今週もお教室、この週末3連休もお教室。いや~大変。何がって送り迎えが。本当に在宅勤務で良かったです。

 

お受験するおうちはどこもこんな感じなんでしょうか。コロナの感染状況を踏まえて、申し込んだ夏期講習もキャンセルして自宅で見ている、という方もいるようですが、まあ、この辺は去年のお受験の方達も散々悩んだんでしょうね・・・。まあ我が家は幼稚園も保育園も習い事も、基本的にやってる限りは行かせますが。

 

夏休み始まる前に、自宅学習用にお教室からプリントを大量にいただきました。希望者は言えばもらえるんですが、あまり希望を言ってなかった方が多いようで、皆さんどうしているんだろう?大手と掛け持ちだから、不要とか?

 

で、お教室の合間にもらったプリントやらせてるんですが、全然終わらないよ!お教室がある日は自宅学習は緩め、というかお休みになりがちなので、お教室のスケジュールが多いと全然進まないという・・・。まあ、お教室でしっかりやってきているので、別にプリント進まなくても焦る必要はないんですけどね。でももう8月入っちゃったし、夏休みが勝負です!の夏休みが半分くらい終わっちゃったし・・・。

 

やっぱりちょっと焦っちゃいますね。

 

娘の課題はスピードなんですが・・・。スピードが上がる気配ないんですけども(苦笑)。正答率は悪くない・・・でも時間かかりすぎ!先生には「量させるしかない」と言われたけど、その量やるのが時間かかってるんですけど・・・っていう。

 

先月やった模試の結果も返って来たんですが、なかなか上がらないなあ、という感じ。お教室の中では娘はそこそこの位置にいるんですが、模試になると問題の傾向が違うのと、時間制限があるのとで、あまり力を発揮できていないよう。まあ、模試はね、中受小なんかのペーパー超難関校志望の猛者たちが上位にいるので、なかなか難しいとは思うのだけれども。

 

8月後半にも模試があるけど、そこではどうかなあ。まあ、とりあえずは粛々と「量」させるしかないですね。

 

今週末の3連休が終われば、来週は世間的にはお盆休み。私も夫も仕事。でも預かり保育に行っている息子も自宅にいることになるんですよね・・・。大丈夫かなあ。まあ、仕事もお盆進行なので、そんなに忙しくないと思うので、ゆるゆる仕事をしながら見るしかないか・・・。

 

しかし、こんなに盛り上がっちゃったら受験が終わったら家族みんなで燃え尽きてしまいそう(苦笑)。

夏期講習その1終了と写真撮影

先週は4連休でしたね。4連休はまるっと娘の夏期講習。そして合間に写真撮影も済ませてきました。

 

夏期講習。うちはその道20年以上の先生がされている個人のお教室に通っているのですが、なんというか、「子供」というものをよくわかっていらっしゃるのだなあ、というのをものすごく感じます。

 

夏期講習は夏休み中に3回に分けて実施されるんですが、今回の夏期講習、内容が結構簡単だったんですよ。GWの講習のほうが難しかったんじゃ?と最初の2日くらい終わって思ってたんです。当然いつもよりもたくさんの花丸がもらえた娘(まあ、みんなそうなんですが)、「今日は何枚花丸だった!」と嬉々として連日報告してくれるわけです。

 

で、先生からのお話。「今回は少し簡単めに設定してあります。少し自信をつけさせるために、あえて今回は少し易しく設定しました。」とのことでした。事実、娘、ちょっとやる気になっていて「今度は全部花丸もらえるようにする!」と張り切っています。

 

やっぱりこのあたりが子供で、花丸ちょっとたくさんもらえるとルンルン♪になるし、それは家でも同じで、立て続けに花丸で終わるとご機嫌です。最近はちょっと難しい問題をさせてばかりなので、逆に凹み気味でやる気が削がれてるみたいなんで、うまく調整しないといけないのが、難しいところ。

 

お教室の先生のお話がある度、10月末の終了式の話が出てくるので、「あー、あと少しなのか」と毎回感慨深くなるんですけど、いやいや、これからが本番ですからね、っていう(苦笑)。

 

最近は夫も願書と面接にやる気を見せているので何より。願書はもう完全に夫に丸投げしました。私は娘の勉強を見るので手一杯。面接の準備までできるのか・・・。

 

そして夏期講習の合間に写真撮影にも行ってきました。

 

某デパートの写真館(超有名なあそこではなく)で撮ろうかと思ったんですが、あまりに畏まったところだと全然だめだろうな、というのが容易に想像ついたんで、出来ればスタジオアリススタジオマリオのスタッフさんのように、フレンドリーに乗せながら撮ってくれるところはないかなあ、と悩み。ネットでそういう所探すのも限界があるよなあ、と思いつつ、たまたま見つけた個人の写真屋さんを予約して行ってきました。

 

ノリの良いお兄さんカメラマンの方でしたが、まあ、案の定娘は結構ずっと固い顔してましたね。一度写真を確認して、もう少し撮ってみましょう、ということでチャレンジ2回目でようやくいい感じの「少し笑顔」が出てきて、結局それを採用。

 

デパートの写真館と比べたら、びっくりするほどお安くできてしまいましたが、大丈夫かな?ダメだったらまた撮り直しにいけばいいや、で予約したところだけれども。とりあえず、お教室の先生にも確認してもらおうかな。

 

お教室の先生もさ、私が写真撮影についてあれこれ聞いたんですよ。服とか。お受験写真で有名な某写真館のパンフレット見ながら。服とか「ここにはこういう服で、って書いてるけど、○○志望ならこういう服ね」ってパンフレットにないことを言っているのに、表情とかの話を聞いたら「大丈夫よ、相手も慣れてるからうまいことやってくれるわよ」って、たった今パンフレットと違うこと言ってたやーん(苦笑)。まあ、実際のところ、表情とかはカメラマンさん的にOKであればOKなんだろうな。

 

おさげで撮ったけど、やっぱり娘はショートのほうが似合うよなあ。お教室の先生にも言われたし。でも本人は髪伸ばしたいから切るのは絶対いやなんだと(苦笑)。

 

ということで、少しずつ近づいています。

 

3歳半息子、メガネ作りました。

4連休の初日。息子の眼鏡を作りに行きました。

 

1歳ごろから斜視を指摘され、大学病院の小児科の紹介で、同じ病院の眼科を受診したのですが、「両目で見ているし、目の周りの筋肉の発達で気にならなくなるかもしれないから、3歳ごろまで様子見で」と言われ、そのままにしていました。

 

3歳児健診で再度指摘され、眼科を受診してくださいと言われるも、しばらく忘れていた私。幼稚園で担任の先生から「近くに焦点があっていないのでは?」という指摘もあり、ようやく再度眼科を受診しました。

 

結果として、「軽度の弱視と遠視」「物を見るのに左目しか使っていない」との診断でした。

 

弱視と遠視は軽度で、視力としては右0.6、左0.9。両目だと0.6くらい。この程度だと眼鏡で視力矯正をするほどではないようなんですが、「物を見るのに左目しか使っていない」というのがネックだそうで、そのせいで右目の視力が悪いよう。このままだと右目の視力が伸びていかないので、眼鏡で矯正をして、両目で見るトレーニングもしていきましょう、ということに。まずは弱視と遠視を矯正して、眼鏡に慣れてきたら右目を使うトレーニングのようです。

 

視力としては両目で0.6なので、本人的にはまあまあ見えてるはずなんですが、左目でしか見てない、でも利き目は右?なので、実際のところどういうふうに見えているのかはよくわかりません。幼稚園の最初の1週間、転びまくりぶつかりまくりだったりするし、ボタンとかも下手すぎて、「よく見えていないらしい」と言われたほうがしっくりする気もします。

 

じゃあ、眼鏡をかけてよく見えるようになったら、解決するね!なんて思ってたんですが、子供の弱視の矯正眼鏡って、大人の眼鏡みたいに「かけたら急に見えるようになる」ものではないらしく。網膜の使い方?みたいなのを矯正するそうなので、眼鏡をかけても視界が劇的に変わることはないらしいです。だからこそ、幼児は嫌がってしまうことも多いとか。なので、眼鏡をかけ続けていけば、いずれ良くなっていく、という感じだそう。

 

ということで、「1日でも早く作りに行け」ばりに眼科で言われたので、翌日早速眼鏡屋さんへ。幼児の医療用眼鏡の有名店「あんふぁん」へ行ってきました。

 

処方箋も持ってるので、すぐ眼鏡を作る話ができたのですが、眼鏡屋のお兄さん、「お顔の幅がしっかりしているので、ジュニアサイズでもいいかもしれませんね。」

 

お 顔 の 幅 が しっかり し て る (笑)!

 

お兄さん!物は言い様だな!息子、顔でかいってよ(笑)!

 

ということで、3歳半でジュニアサイズ、小学生用です(笑)。ジュニアサイズにすると、男の子用だと黒とか紺とか多くて、幼児用のポップな色使いの眼鏡が少ない・・・黒の細い縁の眼鏡かけたら、一気に中学受験生みたいになった3歳児(苦笑)。うん、なんかな、悪くはないんやけどな・・・。

 

かろうじて水色のフレームの眼鏡があり、中学受験生感はあるものの、水色で幼児の可愛らしさをなんとか醸し出せる感じで、本人も水色がいい、というのでそれにしました。

 

その後しばらく眼鏡をつけてうろうろしてましたが、あまり嫌がる感じではなかったのでまずは一安心。とはいえ1日中だと嫌がられる可能性は大ですが。でも医療用なので、就寝時とお風呂以外はつけないといけないので、頑張ってもらわなければ。

 

まだ受け取りはもう少し先ですが、眼鏡生活始まります。まあ、パパは常時眼鏡だし、私も在宅勤務の日は眼鏡なので、なじみはあるのかもしれない。

 

余談ですが、娘のほうの視力も少し心配になって、来週視力検査に行くことにしました。特に気になることはないので、就学前健診でもいいかと思ってたんだけど、3か月あったら治療も1クール終わるよな、気になるし、と思っていくことにしました。問題ないといいのだけども。

 

息子は斜視だから眼科に繋げられましたが、斜視でなかったら、0.6くらいは見えているので、私も「雑な性格」くらいにしか思わなかったかもしれない。それでそのまま視力の限界の8歳を超えて、結局視力が上がらずメガネ、ということになったかもしれない、などと考えてしまいました。複数の大人で見守るって大事なんだなと。

 

最近は3歳児健診で弱視の子をだいぶ頑張って拾ってくれるようなので、引っかかったら必ず眼科行ったほうがいいのではないかな、と思います。引っかかっても割とほったらかしてしまう親御さんも多いらしいです。まあ、3歳児健診の視力検査自体が、うまくできない子が多いので、「うまくできなかっただけでしょ」って思っちゃうのもわかる。ちなみに息子は3歳児健診の視力検査はうまくできなかったけど、3歳半の今回は上手にできました。まあ、眼科の設備が良かったのもありますが。4歳なら問題なく視力検査できるのではないかな。

 

とにもかくにも、目、大事ですね。