Chronicle of sky

ミドフォーママ黒猫がASD夫とASD息子、てんかん、協調運動障害、斜視などなど発達と治療に右往左往するブログ。

「耳からの指示が通りにくい」の真の意味

ちらっと呟いたけど、耳からの指示が通りにくいお話と、もう1つ、勉強面での発達障害ならではの躓きについて。


息子はWISCでワーキングメモリの数値が極端に低く、知覚推理の値が通常よりも高い結果が1年ほど前に出ています。

 

ワーキングメモリの値が低いと、耳からの指示が通りにくく、知覚推理の値が高いので目からの情報の方が処理しやすい。なので指示は絵などで補完するのが良いという話でした。ワーキングメモリ低い子はわりと知覚推理の値が高い視覚優位の傾向があるので、尚更視覚で補完がよいというのはよくあるお話。

 

でもね、「耳からの指示が通りにくい」って言われた時、なんとなく「聞いたことを理解できない」と思いません?

 

例えば「太郎君のロッカーは上から3段目です。太郎君のロッカーはどこですか、〇をつけなさい」と言われたら、一番上とかに〇しちゃうわけですよ。「上から3段目」と聞いて「上から3段目」がわからないのだと、ずっと思ってました私は。

 

ところがどっこい、よくよく話を聞いてみると、どうやら違った。まさかの「上から3段目」をちゃんと聞いてない💦

 

小学校受験の時も散々苦労しましたが、ようやくここにきて本人が説明できる程度に成長してくれてわかったよ・・・。いやでもさ、ゆっくり大きな声で「太郎君のロッカーは上から3段目です」と何回も言ってるのに、それでも「聞いてない」って誰が予想できようかと。でも聞いてなかったらしい。本人的には「聞こえてる」から「聞いてない」とは言わないんだけど、それがまた事態をややこしくしていたのよね・・・。

 

とにかくなんというか、ずっと上の空状態なのではないかと思う。ここは本人もはっきり説明できないようだけど、「聞こえてはいるけど、なんて言ってたのかわからない」みたいなことを言っていたので、多分そういうことなんだと思う。

 

いやでも、何回もゆっくり「上から3段目」って言ったんだけどな。でも何回も言われても頭に入れる気がなかったら入ってこないのは、私もわからないではないかも。私も全く説明が頭に入ってこない分野があったりするし。

 

どうも4歳ごろから息子の見えている世界はとっ散らかった世界なのではないか、何が見えているのだろう、とずっと思っていたのだけど、あながち間違いではなかったのだろうなと。常に何か違うことに意識を取られているから、上の空。聞いているようで聞いてない。

 

たしか小島慶子さんだったかな。大人になって自分が発達障害とわかって、一度薬を飲んでみたらあまりにも静かな世界で、みんなこんな世界で生きていたのかと知って愕然とした、というのを読んだことがあり、小島さんの言葉から類推するとやっぱり頭の中がとっ散らかって意識が次から次へと飛んでしまうのかな、と。フォロワさんからコメントいただいた「頭の中も多動」とは言い得て妙だなと。

 

さて、聞いてないのはよくわかった。じゃあどうするかな。

 

視覚で補完するのはありとして、例えば毎日定時に流れるアレクサの「あと10分で、家を出る時間です。歯を磨いて靴下をはきましょう」とか、毎日学校の国語でやっている音読とか、ものすごい完コピしてくるわけです。覚えてほしいことは毎日やる、アレクサに言わせるのも手だな。

 

勉強もお説教も、説明したところで頭に入らないのだから、長々と説明しない。

 

視覚で補完、というのが一番難しいな。特に勉強面については。算数とか、トド算数させてるけど、いまいちしっくりこない。もっとたくさんさせればいいのかな。お勉強面の課題はまた次回に。

グルテンフリーの効果?

息子、先週の半ばごろからグルテンフリーを意識し、先週末からは自宅での牛乳もやめてカゼインフリーも始めました。とはいえ、給食では出るので、完全フリーというわけではないのですが。

 

で、先週水~金くらいでグルテンフリーをし、週末は娘がドーナツ食べたいとか、息子との外出先でカフェ入ったらサンドイッチ食べたいとか、結構週末はグダっとしつつ、月曜からまたグルテンフリー生活に戻ったんですけど。

 

グルテンフリー生活に合わせて、割といい子→週末激しめ→月曜からまた割といい子、となっており。え、もしかして、グルテンフリー生活結構効果ある?みたいな。

 

でもグルテンフリー生活の前だって、毎朝パン食べてるくらいで。もともと麺は食べないし、お菓子もそんなに食べない。だから言うほどグルテン摂取していたわけではないのだけれども。でも毎日何かしらパン食べていたので、それを辞めるだけで整腸に繋がったのかもしれない。

 

もう一つの変化として、食欲が増してる。特に朝。朝出す量は特に変えてないのだけど、ここ2,3日「おかわりある?」と聞いてくるので足りないらしい。今朝は米粉パン1.5枚(耳なし)、卵2個、サラダ食べて行った。卵2個!マジか!

 

米粉パンは試行錯誤しながらホームベーカリーだったりオーブンだったりで作っている。今ある米粉が扱いづらくて四苦八苦してるんだけど、前安定して使っていた米粉がどれだったか忘れちゃって。次はみんなのおススメ「ミズホノチカラ」にしてみるか・・・。

 

グルテンフリー生活2,3日にして

  • 癇癪減った、落ち着いてる
  • 割と算数プリントがスムーズ、自力でできる。(理解力アップ?)
  • 食欲増えた

 

そんなまさかね~。ちょうどサプリの内容も少し変えました。

 

  • リパミン継続
  • アレルケア
  • DHA

アレルケアは1歳ごろのハウスダストアレルギーが激しかった頃に飲んで1か月で劇的改善したのだけど、その後症状が落ち着いていたのでやめていたんだよね。腸内環境改善ということで、乳酸菌サプリとっていたんだけど、アレルケアに舞い戻ってみた。

 

DHAEPAとセットになったサプリが多いのだけど、DHAだけの方が効果が高い気がする、と栄養療法の本にあったので、DHAだけのサプリに変えてみた。

 

サプリを変えたせいもあるのかなあ。

 

グルテンフリー生活、正直結構大変なのだけど続けていけるよう頑張る・・・。

 

あと家では牛乳をやめたのだけど、これは「これがなくなったら終わりね」とずっと宣言していたせいか、割とすんなりやめられました。牛乳飲めるようになってから、とにかく牛乳しか飲まなかった人が、まさかの牛乳断ち!まあ、これも学校では飲んでるんですがね。いろいろ代替品考えましたが、そういうのは嫌なようで、水とかお茶とか飲んでます。よきよき。

 

食欲が増しているので、すぐ出せる何かをストックしておかなければなあと。栄養良本関連の本では業務スーパーの焼き鳥とか出て来るけど(笑)。とりあえずゆで卵とハム、ウインナーかな。ハム、ウインナーはあんまりたくさん食べさせるのもね・・・やっぱり焼き鳥か。

 

しばらく様子見つつ、続けていきたいと思います。

運動会、ありました。

X仲間さんが運動会のことを書いていたので、時差ですが我が家も運動会の感想などを。

 

娘、小学校3年生。今年から選抜縦割りリレーがあるのですが、既にかけっこ教室で8秒台を去年叩き出しているだけに、是非ともリレーに選ばれてほしい!と思っていたら、めでたく選ばれてくれまして。私は経験できなかった快挙だよ、素晴らしい。でも本人のその報告が

 

「なんと!残念なことに!リレーの選手に選ばれてしまいました!」

 

なんで残念やねん!

 

まあ、そんな娘の運動会ですが、実はコロナの制限もあって、私は今年初めて直接観戦したのです・・・。巷のお弁当問題ですが、大人が一人増えるだけでお弁当の量増えるやん!と気づいてあわあわしましたよ・・・。お重に入れてもよかったんだけど、娘の希望で一人ずつのお弁当箱スタイル。

 

私が子供の頃に通った小学校はお弁当は教室で食べてたんですよね。親は一度家に帰って食べてもう一回来る。だから運動会で家族でお弁当、というのがいまひとつイメージできなくて。でも娘のリクエストはいつも肉巻きおにぎりだから、来年はお重にいれてもいいかな。

 

娘の学年はリレーの他にも全員参加の徒競走があったんですが、スタートが大の苦手な娘は徒競走ではあまりふるわず。リレーはなんとか2位でもらったバトンを維持して次に渡していました。私もよく考えたら「スタート苦手だからリレーで最初じゃない方がいいんじゃない?」とか「スタート苦手」って言い過ぎたかも、って反省。来年は気分よく送り出したいです。

 

でも3学期の学習発表会でもそうだったけど、娘、とにかくずっとぴょんぴょんしていてなんだか「楽しい!」が全身で伝わってきて、娘にあった学校に行けてよかったな、と毎回思いますが・・・母は最近ちょっと楽しいが伝わり過ぎて若干引き気味でもある💦いいことですがね😅

 

高学年は係をいろいろとやるようですが、高学年競技のときは4年生が係をしていたのかな?来年はもしかしたら係もあるかもしれないですね。

 

そして息子。息子校の運動会は秋なのですが、1年生だけ中等部の運動会にゲスト参加し、玉入れとかけっこをしてきたようです。こちらも夫に行ってもらって話だけ聞いたんですが、とにかく中等部の生徒さんが1年生を大変かわいがってくれたのが印象的な運動会だったそう。

 

玉入れは中学生が背負ったかごに入れたらしいんですが、入れやすいようにしゃがんでくれる子もいれば、わざと逃げまわる子もいて実況アナウンスが「大人げない!」とかアナウンスしたりして、大変盛り上がったそう。かけっこも中学生が一人一人にゴールテープはってくれて切らせてくれたとかで。とにかく学校全体の仲の良さが良く出ていたそう。

 

学校によってカラーは違うと思いますが、子供たちは本当に楽しそうだし、時に闘志むき出しで戦う姿もあり、色々な経験ができるのはいいことだと思いました。そして、どこの学校も1年生は可愛い!

息子のスマイルゼミ続投と、娘のチャレンジタッチ悩み中。

ここ数日悩みに悩んでいた息子のスマイルゼミとか、塾とかの話と、ついでに娘の話。

 

まず息子。結局悩みに悩んで、当面は今のまま学童とスマイルゼミ続投でいくことに。ちょっとチャレンジタッチにも興味を持っていたのだけど、昨日久しぶりにスマイルゼミさせたら、思ったよりできていたのと、本人もどちらでもいい、みたいな感じなので。あと、スマイルゼミだと今日のミッションやった後に、ご褒美で1時間ゲームができるので、それもいいかなと。やっぱり息子、ゲームしたい熱が強いので、ゲーム機買うよりスマイルゼミでゲームさせて、ゲーム機欲しい熱をクールダウンさせたい。

 

塾については色々調べたりしたのだけど、結局今の段階ではどう考えても「発達待ち」みたいな側面があって、それが塾に行ったからといってできるようになるわけでもなく、塾も週1行かせるだけでいいお値段するな、という感じだし、だったら週3学童で宿題+αで見てもらったほうがいいのかなと。学童は宿題は完了まで面倒見てくれるので、わからないところはちゃんと教えてくれるので。

 

学童では宿題とは別に学習タイムという、無学年式の教材を各自進める時間があるのだけど、塾にも兼用できるじゃん、と当初思っていたけれど、まあ、今の段階では自学自習は難しいな・・・。学習タイムをすると帰宅が遅くなってしまうので、自宅が遠い子とかは利用してない感じ。もう少し息子に体力がついてきたら、ちょうど復習からスタートでいいのかもしれない。

 

ということで、できるだけスマイルゼミを1問か2問、毎日進める方向で。スマイルゼミもね、横について教えながらです。

 

一方で娘。最近娘の負荷をもっと上げた方がいいんじゃないかと思うのです。てかテレビ見すぎ漫画読み過ぎ。そりゃ1日のノルマやったら好きにしていいですけど、あまりに1日のノルマをサクッと終わらせてしまうので、あとずーっとテレビとか漫画とかね、というのもね。。

 

そんな中、チャレンジタッチが物足りないんじゃないかなーって思うのです。チャレンジタッチはハイレベル設定にしていて、確かにパワーアップ問題(プラスαの力試し問題的な)には苦戦することもあるようなんだけども。でも問題が単発短めなので、もう少し文章とか問題とか長めの問題にチャレンジさせたほうがいいんじゃないかとか。。いっそ紙チャレンジにするか!?と思ったんだけども、やっぱり丸つけしないですむのがチャレンジタッチのいいところよね・・・。

 

とかそんなことを悩んでいたら、チャレンジイングリッシュのほうのレベル変更のお知らせが。ゆるゆるやってる娘、今はレベル4のSTEP2なんだけど、レベル5をお勧めされるメールが。去年も1つ上のレベルをお勧めされたけど「難しいのやるの嫌」と言われて上げなかったんだよねえ。まあ最近はイングリッシュのほうのスピードを上げているので、この調子なら3年生のうちにレベル5入れそうではあるのだけど。

 

とりあえず、国語と算数は学校でもらったワークや、市販のドリルを組み合わせつつやる感じかなあ。。

 

二人とも極端すぎて正直お勉強マネイジメントが大変だよ!

 

地方の世代交代と教育と都市計画と

GWに実家に帰省して、地元県の県北にある観光地に行ったりしたのだけれど、その際にいろいろ見た、地方の中でも「地方都市」よりももっと田舎エリアの様子について思ったことなどを。

 

ここに行きました。

 

mitsubachi-nouen.com

 

県庁所在地からは随分離れたエリアです。ここまで行くのに山間部を車で走らせたりとかしたんですけども。

 

でね、もちろんやっぱり山と畑とみたいなエリアなんですけど、こんな感じ。

 

  1. 昔からのおうちと思われる大きな家、結構新しいおうちが多い。
  2. え、こんなところに!?という場所に住宅分譲地があり、しかも売れてる。
  3. 大きなスーパーやモールがところどころにある。

 

そうなんです。我が家の近所は県庁所在地の市にもかかわらず、年寄ばっかりで廃墟寸前・・・みたいなおうちが多いのに、どこまで行っても新しいきれいなおうちがあるわあるわ・・・。そりゃ廃墟みたいな家もあるんですよ、やっぱり。でも以外に「売家」の看板も少なく。しかも「え!?こんなところに?」みたいなところに住宅分譲地があり、しかも売れてる。

 

これはひとつには、うちの県に限らず、割と田舎エリアに大きな工場があったり本社があったり、それこそ上記の山田養蜂場も結構なエリアに今も本社があり。私が今働いている会社も東北の結構な場所に工場があります。住宅分譲地に関しては、こういう会社で働いている人が購入しているのかな?と言う気がします。

 

一方で昔からそこに住んでいると思しき、いわゆる「田舎の大きなおうち」、結構きれいなおうちが多いんですよ。建て替えとかリフォームとかだと思うんですけど。うちの近所なんて子世帯がいなくて廃墟なのに、建て替えとかリフォームとかしているということは世代交代がきちんとできてるんでしょうね。つまりは

  • 地元の高校を出て家業を継ぐか地元に就職
  • 大学に出たものの、地元に戻ってきてあとを継いだ

大卒にしろ高卒にしろ地方の給与水準はあまりよくはないですが、地方ではこの手の昔からあるおうちは、親が子世帯のために家を建てるので、若くして結婚して子供に恵まれて大きな家に住んで。そこに学歴は確かに必要ないんだろうなあ、と思ったり。まあ、それはそれで窮屈さはあるでしょうけども。

 

一方で住宅分譲地。これは地方だけの話にとどまりませんが、分譲住宅は親世代で終わりなんだな、と改めて。子供世帯はそこには住まない。これは弟が言っていましたが、だから30年くらいで高齢者ばかりになって限界集落になる可能性があるから、今住宅地を広げるのを規制する動きがあると。都市計画って難しいんだなと。

 

いずれにせよ、地方には地方の事情があり、子育てや教育についてはやっぱり首都圏とは違う。大学で都会へ出ることや、地元の家を売って家族で都会へ出ていくことを簡単に言う人が多いけど、そこに長年住んだ人がそんなこと簡単にできるわけがない。親を都会に呼び寄せるのもそう。それが窮屈だったりすることも多いけど、でも実際問題、優秀な子を輩出した家ほど廃れているのも事実。親はそこから、60年住んだ街から離れるのは容易ではないし。難しいね。

 

ほん、難しいねえ。。。