Chronicle of sky

アラフォーワーママ黒猫が小学校受験とか幼児教育とか呟くブログ

隣人の暴言・ご近所トラブル問題備忘録①

Twitterでは少しつぶやいていましたが、隣人のおばあさんとのトラブル問題。今後似たようなことで悩む人がいるかもしれないので、備忘録として書いておきます。

 

 

 どういう状況だったか

経緯は割愛しますが、隣に住んでいる一人暮らしの70代のお婆さんと、義母(70代)は15年近くお隣さんなのですが、10年くらい険悪で、ここ数年、隣のお婆さんは庭先や家の中から大声で義母を罵っている状況です。お隣さんの精神状態にも波があるのか、1日に何度もやることもあれば、しばらくおとなしい時期もあったりしますが、ここのところは割と連日、週5くらい?で大声で叫んでいます。

 

内容としては

「〇〇〇〇(義母フルネーム)の大泥棒!」

「息子(夫)はヤクザで、〇〇は人殺しの一家だ」

「親戚の姉さんが言ってた、〇〇さんにだけは気をつけなさいって。ほんとうにその通り、あんな大泥棒の一家だとは思わなかった」

 

こんな感じで、先代からの土地問題に起因していることもあり、「大泥棒」とか言うフレーズになってるんですが、土地問題つっても別に境界線で揉めてたとかじゃないんですよ。隣の建て替え時にセットバックで下げさせられたのが、なぜかうちのせいになってるっていう。(昔の家は現在の法令では違反になるものが多く、建て替え時に現在の法令に準ずるように建て替えさせられる。そのひとつがセットバック)

 

別の昔からのご近所さんにもいちゃもん、険悪な仲に

我が家は路地を取り囲んで何軒か家があるところなんですが、うちと隣のお婆さんはそういう状況だったんですが、他の昔から住んでいる家にも、なんやかんやいちゃもんを付けてるという状況で。周りの家とも険悪。

 

ここ5年ほどで、新しい人も増えて、実は我が家だけでなく、あと2軒幼稚園児がいる家があり、それ以外にもう1軒小中学生がいる家もあり、割と子供が増えて来たんですが、誰一人路地で遊んでないんですよね。車も来ないし、長さはそこそこあるしで、安全な遊び場だと思うんですが、そのおばあさんのせいでみんな怖がって出てこない。

 

ほんと、困ったものです。

 

私が反撃反論。庭先やベランダでは言わなくなった。

7,8年前にその夫の実家を建て替え二世帯同居し始めたころは、嫁である私や息子である夫にはあまり言ってこなかったんですよね。ただ、子供が生まれて、子供に何かあったらと思って、とりあえず話合いでもできないかと模索してたんですが、一方的に罵倒されるだけなので無理。なので、しばらくは反論してたんですが、相手は妄想で言ってくるし、次の時も同じことを言ってくるので反論するのも馬鹿らしくなってきて。

 

だってねえ、私は夫とは再婚で、夫が前妻と離婚したのは何十年も前なんですが、離婚する前から私と不倫していたとか妄想たくましく言う人に何と言ったらと。いや、その時私高校生だし東京にいなかったし、っていう。

 

で、こんなバカげたやりとりを繰り返すのもあほらしくなってきて、そもそも相手の話聞く必要なくね?と思いいたり、相手の言葉を封じる方法に転じたのです。つまり、相手が何か言おうとしたら、それを遮ってこちらが一方的に話す。これを繰り返したら、とりあえず私の姿が見えるとぶつぶつ言いながら家に逃げ入っていくように。こんな感じ。

 

私「司法書士いるんでしょ、早く司法書士に電話しなさいよ」

婆「あんたに言わ」

私「今すぐ電話なさいよ。」

婆「ばかなこ」

私「ほらほら早く。家帰って電話したら」

婆「だっ」

私「私はいつでもいいよ。早く司法書士に連絡しなさいよ」

 

こんな感じ。相手にしゃべる隙を与えず、一方的にこちらの言いたいことを言う。いじめっ子みたいで、あんまりいい気持ちしないんですけどね。はたから見たら私がいじめてるみたいだし。多分近所の人にも、あのお嫁さんめちゃくちゃ怖い、と思われてるんだろーなーと。ただし、効果は抜群でした。

 

司法書士と言ってるのは、資産管理をしてもらっている司法書士がいると常々言っており、お婆さん本人から様子を聞く限りだと司法書士さんにも相手にされていないようだ、というのを知っていたので。

 

これが数か月前の話。

ほんの少しだけ大人しくなって放っておいたら、義母が反撃。

コロナで在宅勤務になり、私が家にいるとわかってから、庭先やベランダで言うことはここ2、3か月はなくなりましたが、家の中から大声で叫ぶ、というのは続いていました。ただ、我が家も新しい家で防音はばっちり、暑さでエアコンをかけるので、窓を閉め切っていることもあり、家の中から叫ばれてもあまり聞こえないので、まあいいか、と私は放置していました。

 

が、私が反撃したのが効果があったということで、義母もそれまでの「言われっぱなしでも放っておけばいい」という態度から一変。隣のお婆さんがこちらの敷地に一歩でも踏み入れようものなら「入らないで!」と、言うようになりました。

 

お隣さん、うちと隣の間にあるお隣さん所有の柵の内側にラティスを設置して、花とかもつけてるんですが、明らかにうちの敷地のほうに入ってこないと、この止め方できないよね?というものがあり、義母が割と見張ってたんですよね。

 

で、義母の「入らないで!」からバトルがまたスタートしたりするんですが、今まで義母がはっきり言い返してきたことがなかったので、カッとしたのか、お隣さんが110番。警察が来る事態になりました。

 

年よりの痴話げんかで処理されてしまった、最初の2回。

1回目も2回目も、私も夫も在宅勤務していたんですが、義母と義妹が仕事中なのを気を使って、こちらには声掛けず自分たちで対応しちゃったんですよね。お巡りさんたちはお隣さんがおかしいことを言っているのはすぐ理解してくれ、お隣さんはこっちでなだめるから、私たちは相手にしないようにと言っただけでした。

 

実は私はお隣さんの暴言動画をいくつか持っており、それを見せることも辞さないつもりだったんですが、ただの年寄りの痴話げんかとして処理されてしまったらしく。

 

次からは警察が来たときは必ず夫に対応してもらうよう義母、義妹に釘をさしました。義母は納得していなかったけど、こういうのは男が出ていくのと女が出ていくのとで、相手の出方も変わってきます。「女だからって軽視して!」と怒る人も多々いますが、人の印象や固定概念なんて早々変わらないんだから、利用したほうがいいんです。

 

そして先日の3回目、家の前で割と派手に義母とお隣さんがやりあったので、夫と私、義妹もおりていき、向かいのご近所さんも出てきて、私が例の「相手の言うことを封じてこちらの主張を繰り広げる」をやったところで、お隣さんが110番。3度目ということで、お巡りさんが一人でやってきました。

 

お巡りさんに対し、ご近所さんがキレる。

お巡りさんいつでも来いや、くらいの体で我が家全員と出てきたご近所のおばあさんとで話していたらお巡りさん到着。このお巡りさん、悪い人じゃなかったんだけど、対応の仕方が下手でねえ、ご近所のおばあさん怒らせちゃったんですよ。「貴方は関係ないでしょ、黙ってて」みたいな。お巡りさんの言いたいことはわかるけど、言い方ってもんがあるでしょ、って話で。「じゃあ、私が110番すれば私も当事者になるんですね!」と言って家に帰っていきましたが、このおばあさんが結構やり手で。

 

お巡りさんも、隣のお婆さんの話を適当になだめて帰らせ、今度は我が家が思いの丈を口々に言わせてもらい、私の動画も見せ、適切な相談先を教えてもらいました。(言い方はやっぱり悪くてちょっとむっとしたが。)警察なら生活安全課だと。

 

そうやって話していたら、お巡りさんの無線に連絡が。先のご近所のおばあさんが110番したらしいんだけど、そのおばあさん、元幼稚園の園長やってたやり手で、まあ、どう言ったのかわからないんだけど、そのお巡りさんが「年よりの痴話げんか」で終わらせられなくなってしまったようで。

 

とりあえず帰って報告せねばならなくなったお巡りさんに、私たちもお礼を言い、この時は解散しました。

 

長くなりそうなので、一旦切ります。