Chronicle of sky

アラフォーワーママ黒猫が小学校受験とか幼児教育とか呟くブログ

舌小帯短縮症が気になる・・・。

息子の滑舌の話から、病院とかいろいろと調べてみていたのだけれど、「舌小帯短縮症」というのがあるらしく。舌が通常より短いために、活舌に影響が出たりするらしいのだけど。

 

この症状についての記述を見たら、なんか息子に当てはまる気がしてならないのですよ。

 

昨日も書いたけど、息子は生まれてすぐ、母乳がうまく飲めずに生後2週間でミルクにした経緯があります。当時は吸う力が弱いのか、と思っていたのだけど、舌小帯短縮症の子は舌が短くて母乳がうまく飲めない、というのを見て、活舌が悪いことも相まって、もしかしてこれ・・・?と。

 

で、息子の口の中を改めて見てみたら、確かに舌が短い気がする。口は小さいと思う。というか、あまり大きく口を開けない。でも「あっかんべーして」と言ったら、普通にべろーんと舌を出してきたので、そんなに短いわけでもない?みたいな。

 

実はなかなか言葉が出てこなかった時に、口周りの問題も疑ったことがあったのです。耳は聞こえている、話も理解している、「あうあうあう」などとおしゃべりもしている・・・なのになんで言葉が出てこないのか?と。耳の問題(聞こえない)、知的な問題(話を理解できない)、精神的な問題(言葉を発しない)、全部問題ないのに、言葉だけでないって?もしかして口に問題が?と考えたことは何度かあったんだけれども、それをどこで診てもらえばよいのかわからず結局そのままになり。

 

でも、保健師さんの1か月訪問でも口の中見てもらったし、2歳で歯医者デビューしたときも、3歳児検診の歯科健診のときも、舌小帯短縮症なんて一度も指摘されたことがないし、やっぱり気のせい?

 

などと思いつつも、一度病院に行ってみようかなあ、とは思うも遠いんだこれが・・・。これまで私自身や子供らの経験から、やっぱり餅は餅屋、専門医に診てもらうほうが話が早い。娘の扁桃腺だって、そこらの耳鼻科に連れてっても切除に消極的な先生では、全く繋いでもらえなかったし。なので、専門医がいいんだけど、遠い・・・。

 

まあ、気になるから一度行ってみようかなあ。安心を買うなら少々遠いくらい安いもんだし。。。舌が短め、ということであれば、この先滑舌のトレーニングするにしてもやり方とか?あったりするかもだし。

 

手術して滑舌めちゃくちゃよくなった!とかなら万々歳なんだけどなー。そこまでは期待できないかなあ。。