Chronicle of sky

ミドフォーママ黒猫が主に2018年1月生まれの息子の教育に右往左往するブログ。たまに私立小の娘の話も。

夏休みの民間学童。

もうすぐ夏が終わります。ということで、今日は娘が夏の間行っていた、民間学童の振り返り。

 

そもそも娘は常日頃は学童に行っていません。自宅におばあちゃんがいるし、夫は在宅だし、私も在宅がまだ多いし。でもさすがに夏休みはずーっと家にいるのもな、と思っていたら、ふと会社の近くに民間学童ないかな、と探したらすぐそばにあったので、私の出社に合わせて週2~3で行ってもらうことに。イベントもたくさんあるところで、楽しいだろうと。

 

親的に良かったところ
  • 朝夕勉強時間があり、家でやるよりずっとたくさんできていた
  • 時間の許す限りではあるが、先生が限り丸つけまでしてくれていた!
  • 外遊びに連れてってくれる(希望する子のみ)
  • スポット利用でも事前にしっかり面談してくれて話ができた
  • とにかく夏のイベントがいろいろあって楽しそうだった
  • 給食!

 

こんなところでしょうか。特に丸つけしてくれるのはびっくりでした。うれしいんですが学校の宿題はお直しのお作法があるので、丸つけは家でしたい・・・と思って途中からはチャレンジや自宅にある問題集、公文書写の宿題を持って行っていました。たまに持って行ったものが足りないときは学童にあるプリントをくれるらしく、それをやっていました。

 

でも学校の宿題以外は丸つけしてくれるの超うれしい♪しかもなぜか、自宅でやるよりずっとはかどるようで、朝夕30分ずつですがやるもの用意するのが最後は結構大変だった・・・。

 

娘的によかったこと
  • 給食が美味しかった。しかも「野菜少な目で」とか言えるし残してもOK.
  • 給食やおやつにヤクルトが出た。(ヤクルト大好き)
  • 本がたくさんあって楽しかった
  • 制作系イベントがたくさんあってよかった
  • 1人で過ごしてもよいのが良かった

 

娘の学校はお弁当で、とにかく受験の時に「お弁当の学校で!」と強く言われたのですが、そんな娘の給食初体験。「野菜少な目とか言える」「残してもいい」というのがかなり良かったようです。これに味をしめて「学校の注文弁当はどう?」と聞いたら「それは嫌」って言われた・・・。大人から見ると本当に美味しそうなお弁当なのに・・・野菜とか大目だからね。。野菜も美味しそうに調理されてるのに・・・。

 

あと、本好きの娘が読む本がたくさんあってよかったよう。とくに「コジコジ」が気に入ったらしく、帰り道でずっとコジコジの話されたりとか(苦笑)。

 

で、実はいつ迎えに行っても一人で遊んでて「ええええ~」と思ってたんですが、娘的には一人で本読んだり遊んでても許される環境というのがむしろ良かったみたい。結構一人で本読んだりしてる子いるんですよね。もちろんワイワイお友達と遊んでる子もいるけれど。

 

そんな民間学童だけど、娘的には「でもおうちのほうがいい」らしく。冬休みも行く?と聞いたら「行かない」だそうな(苦笑)。まあ娘は「行く?」と聞いちゃうと「行かない」と言うけど、「行って」と言えば行ってくれるのでね。。冬休みはイベントとかあるのかわからないけど、冬休みも長いので、数日行ってもらおうかな。

 

ただ・・・民間学童、いくら民間でもあれ毎日だと飽きそうだなあとは思った。。。難しいよなあ、小学生。。。